広告出稿を簡単化・自動化したプラットフォーム 『Advertising as a Service(AaaS)』を日本で正式にスタート

By | ニュースリリース | No Comments
2018年2月1日 チョークデジタル株式会社 米国に本社があるベンチャー企業Chalk Digital,Inc.(本社:米国サンディエゴ市、CEO:Craig Hagopian、以下CDI)の日本法人であるチョークデジタル株式会社(本社:東京都、代表取締役社長:坂下 弘典、以下チョークデジタル)は、2月1日に会社設立1周年を迎えるにあたり、これまで1年間の日本で行った20業種100件以上の広告・販促キャンペーンのトライアル実績をもとに、誰でも使えるようにスマートフォンへの広告出稿を簡単化・自動化したプラットフォーム 『Advertising as a Service(AaaS)』 を日本で正式にスタートいたします。 また、これまでの企業向けサービス「Chalk_spreAD」に加えて、個人や小規模事業主様向けサービス「Chalk_AD」を日本で初めて(※当社調べ)実用化いたしました。「Chalk_AD」はスマホアプリから簡単にモバイルバナー広告や、バナー広告をクリックした飛び先のモバイルサイトを作成し、すぐに出稿することが可能となります。 日本で正式にスタートするサービス内容は、下記の通りです。 「Chalk_spreAD」:誰でも簡単、スマホ広告作成・配信ツール 「Chalk_SDK」:ロケーションデータを活用・AI解析 「Chalk_Data_Locker」:キャンペーンやモニタリングで得たデータをクライアントごとに保管・活用 世界中でスマートフォンの普及が拡大を続けるなか、モバイル広告市場も世界的に伸張しており、日本国内では2017年度8,000億円の規模になると予測されています(※1)。特に、位置情報をもとにスマートフォンに広告配信できるジオターゲティング(※2)は、エリアマーケティングを推進する広告主企業において、今後ますますニーズが高まってくると思われます。 カフェやレストランの店頭にあるチョークで書かれたランチメニューを 『facebookやInstagramにアップするようにもっと簡単にスマホ広告が出せたら』という創業者の思いから始まったのが『チョークデジタル』です。 1)「Chalk_spreAD」: 誰でも簡単にスマホ広告を作成し配信出来るツールです。 新機能 Location:様々な方法で位置を特定した広告配信が可能 facebook:facebookのインフィード広告が設定可能 Retargeting:一度広告配信をしたユーザーに再配信が可能 Audience:様々なデータを組み合わせてより詳細なターゲティング配信が可能 POI(Point of Interest):コンビニ利用者や自動車ディーラーを頻繁に訪れる方等のポテンシャル顧客への一斉配信が可能 PMP(Private Market...
Read More